顎関節症

顎関節症とは、顎の関節と周りに、顎が痛い、口が開きにくい、耳の前が痛いなどの異常が発現する病気です。 主に噛み込み過ぎ、および、むち打ちなどの外傷によるあご関節の慢性的な疾患です。口が開かない、あごに痛みがある。口を開けたり閉じたりするときにカクッと耳の前で音がするなどの症状が出ます。口の動きが悪いため、柔らかい物を噛み切ると、耳の前が激しく痛むことがあります。また、耳の骨の異常により、難聴、中耳炎、耳鳴り、めまい、唾液が出ない等の症状もでます。歯並びが良くなく、あごの痛みもあったため、矯正歯科医院で治療を受けていてあごの痛みは取れたので矯正歯科治療をしないで済ましたいのですがという相談がありました。現在あごの痛みがなく、ご本人に矯正歯科治療をスタートする希望がないのなら、歯並びの矯正については、見合わせても良いと思います。しかし以前のあごの痛みが、咬み合わせの悪さを主な原因とする顎関節症によるものだった場合、再発の恐れもありますので、経過を定期的に診ていく必要があるでしょう。その状態によっては、矯正歯科治療の必要が出てくる場合もあると思います。