矯正歯科医の探し方

矯正治療を受けたいが、転居したばかりで歯科医院の情報がない場合など最近では、インターネットのホームページを利用するのも一つの方法です。地域ごとの矯正歯科医会や、日本矯正歯科学会のホームページには、全国の学会認定医のリストが公開されています。これで通院しやすい地域にある矯正歯科医を見つけ、相談に行くことをお勧めします。

初診相談には、二~五千円の費用がかかりますが、よい先生を探すためには、直接会って、話を聞いてまるのが一番だと思います。また、質問の育成(更生)医療機関とは、先天性疾患に原因がある咬合異常(口唇・口蓋裂など)の矯正治療を「育成医療法」により健康保険を利用して受診できる医療機関のことです。矯正を専門にしているところと、一般歯科と併設のところの、どちらがよいのでしょうか。 矯正歯科治療で医者を選ぶときの目安として「矯正歯科専門開業医を選ぶ」ということがあります。一般歯科と矯正歯科を両立している優秀な先生もいますが、矯正治療は基本的に、大学病院で矯正歯科の研鑽を積んだ経験豊かな矯正歯科専門開業医にかかるのが良いと思います。

現在の「歯科医師法」では、歯科医であれば誰でも矯正歯科を標榜できる(看板を掲げられる)ため、患者さんは選択の判断が難しい状況にあると思います。一般歯科と矯正歯科の両方を標榜している歯科医院の場合、まず、矯正治療を専門としている歯科医が常勤しているかどうかを確認してください。大学病院の歯科医が派遣されている診療所もありますが、治療が長期にわたる場合、担当医が途中で交代するなどの問題も考えられます。