外科矯正治療

咬み合わせが悪いのですが、矯正歯科治療だけでは無理なケースがあります。手術を受けたいのですが。受け口や顎変形症など、あごの骨格に問題がある場合には、外科的な手術を併用して矯正治療を行う方法があります。これは「外科矯正治療」と呼ばれ、成長が完了した十八歳ごろからが対象になります。外科矯正治療では、まず矯正歯科治療を一~二年かけて行い(手術前の矯正)、それから外科手術をします。その後、六か月~一年かけて、歯がきちんと咬み合うように調整します。(手術後の矯正)。外科手術に伴う入院には十日~三週間かかるため、学生の場合は春休みや夏休みに手術を受けることが多いようです。社会人の場合は、仕事との調整が必要になるでしょう。